北区赤羽の初心者に特化したドラムスクール 説得力のあるレッスン成果動画をご覧下さい 池袋・新宿・渋谷・東京・大宮・横浜など、都内、神奈川、埼玉からもアクセス便利

レッスンの流れ

  • HOME »
  • レッスンの流れ

レッスンの流れのご紹介

1.受付

レッスン会場の『Sound Studio Face』にいらっしゃいましたら、ロビーでお待ち下さい。
担当講師が呼びに参ります。

2.コミュニケーション

当スクール講師は生徒さんとのコミュニケーションをとても大事にしております。
スタジオ入りしたら、レッスン前にちょっとした雑談なんかもしています。

3.ウォーミングアップ

コミュニケーションの後、早速ウォーミングアップに入ります。特にドラムは体を使う楽器なので、練習パッドを使ってゆっくり身体をあたためていきます。

この際に前回の手順の確認や、譜面の復習なども効率よく行っております。

4.練習パッドで前回の復習(一緒に)

renshudai_hukushu2前回やったリズムパターンや手順をまずは練習パッドを使って復習します。

練習パッドを使う事によって、生徒さんが演奏しながらも講師の声がスムーズに行き届き、効率よく手順の確認等を行えます。

5.ドラムセットで前回の復習(講師による演奏)

PCから音楽を流しながら前回やった事を講師がまず演奏致します。この時に前回やった曲、リズムパターン、手順等を少し思い出して頂きます。

6.手順、譜面、音符読み方等の確認

humen_ou

講師による演奏で確認が出来たとはいえ、ドラムセットに座った瞬間にいきなり叩くとなると少し戸惑ってしまいますよね。

手順や譜面、音符の読み方をゆっくり一緒に確認してから実際に曲に合わせて叩くという流れになりますのでご安心下さい。

7.ドラムセットで前回の復習(生徒さん)

ゆっくり手順や譜面等の確認が出来たら、講師の合図と共に生徒さんに前回レッスンでやった事を復習していきます。当スクールではこの『復習』にはかなり重点を置いておりますので、「前回やった事を忘れてしまった」という方もご安心下さい。ゆっくり前回やった部分を思い出しましょう。

8.やはりコミュニケーションが大事!

zatsudanドラムは身体全体を使う楽器なので、途中で疲れてしまう方もいらっしゃいます。ちゃんと休憩しながらレッスンを進めて行きますのでご安心下さい。

休憩しながら、演奏に活かせる考え方や、もっと楽に演奏するにはどうしたら良いか等のアドバイスもお話させて頂いております。

9.新しいステップに進む際も安心

minai新しいステップに進む際も復習の流れと同様に、一番最初に講師が演奏してお見せします。どの様な手順、音になるか、叩く前にイメージする事はとても重要です。

生徒さんに合わせて進行状況も調整して行きますので、つまづく事も殆ど無くスムーズに上達していきます。

10.とにかく楽しく!

tanoshi「間違ったら怒られるんじゃないか」何て思ってらっしゃる方、とんでもないです!間違ったら盛り上がります(笑)。楽しいじゃないですか。そして間違えて何度も自分の苦手な所を認識するのは非常に大事です。

ドラムって間違えたら面白い音になったり、それはそれで笑顔になれたりするんですよ。

演奏の途中で止まってしまっても、また仕切りなおしてやれば良いのです。とにかく楽しく!レッスンを進めていきましょう。

当スクールからのお願い

gesshaレッスン料は毎レッスン開始前に月謝袋にお入れになってお支払い下さい!


お電話でのお問い合わせはレッスン会場『Sound Studio Face』へ TEL 03-3598-0300 受付時間 10:00〜24:00

サイト内検索

レッスン会場

『Sound Studio Face』
〒115-0045
東京都北区赤羽2-49-6
マルキュウハイックB1
PAGETOP
Copyright © Drum School B-Session All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.